フレキシブルセービングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でIOSTの運用を始めました。

2021年1月18日、停止していた仮想通貨イーサリアム(ETH)のマイニングを再開し、さらに仮想通貨全体の価格の上昇が続いたおかげで含み益がかなり増えてきました。

しかし今回はさらなる不労所得の増加を狙って、世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つである「BINANCE(バイナンス)」でIOSTのフレキシブルステーキングを始めました。

IOSTのフレキシブルセービングでどれくらいの利益が出るのかは今後の記事の中でお伝えしていこうと思いますが、まずは「フレキシブルセービングとは何だろう?」というところからお伝えします。

自己紹介が遅れましたがこの記事を書いている人はこんな人です。

あんこ
あんこ

・1歳の娘をもつパパ

・1年2ヶ月の育休を終え、時短勤務中

・陸マイラーとして年間約20万マイル以上獲得

・株やFX、仮想通貨、不動産に投資中

陸マイラーとは?飛行機に乗らずに大量のマイル(ANA・JAL)を貯める方法。
目次
  • BINANCE(バイナンス)とは
  • フレキシブルセービングとは
  • IOSTを選んだ理由
  • IOSTの運用条件
  • 実際の利益はどれくらいか
  • 最後に

BINANCE(バイナンス)とは

BINANCE(バイナンス)は冒頭でお伝えした通り、世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つです。

ユーザー数/月間取引高で世界有数の規模を誇っており、取り扱っている通貨の豊富さに定評があります。もちろん口座開設の容易さ、取引手数料の安さも魅力的です。

もちろん日本にも「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「Coincheck(コインチェック)」、「Zaif Exchange(ザイフエクスチェンジ)」など様々なところで仮想通貨を手に入れることができますから、海外の仮想通貨取引所であるBINANCE(バイナンス)は敷居の高さを感じるかもしれませんね。

BINANCE(バイナンス)のデメリット
日本円で入金できない」ため、日本の取引所や販売所でBitcoinやイーサリアムを購入して、BINANCE(バイナンス)に送金しなければ取引を行えません。

BINANCE(バイナンス)」で取引するためには日本の仮想通貨取引所を開設しなければなりませんが、私は取り扱いコイン数が豊富な「Coincheck」や、使いやすさが抜群の「bitFlyer」もあわせて口座開設するのが良いと思います。また、今回紹介するIOSTは「Coincheck」で扱っています。

コインチェック

フレキシブルセービングとは

まずはフレキシブルセービングの仕組みですが、「銀行と一緒」と考えると簡単です。

銀行は皆さんから預かったお金を貸し出して、その金利で利益を出しています。当然、皆さんから預かっているお金で運用しているので、「利息」という形で皆さんに還元しています。

フレキシブルセービングも銀行と同じように、BINANCE(バイナンス)が皆さんから預かった仮想通貨を運用し、皆さんに利息を還元するという仕組みです。

唯一違うのは「円と違って仮想通貨の価値は上下が激しいため、預けている資産が増えたり減ったりする可能性のどちらもある」というだけで、フレキシブルとは「資産をいつでも引き出せる」という意味です。逆に資産をいつでも引き出せない「ロックステーキング」という仕組みもあります。

ロックステーキングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でIOSTの運用を始めました。

IOSTを選んだ理由

一番の理由は「億り人になれる可能性がありそうだったから」です。

  • 性能は高いのに知名度が低い
  • まだ上場していない大手取引所が多数ある
  • 国内上場銘柄の中でも時価総額が少ない
  • DeFi、NFT領域に強い

これ以外に別に何かの確信があるわけではありませんが、IOSTがCoincheckに上場してからの価格上昇や、IOSTについて調べた結果を含めて判断しています。

以下は私のBINANCE(バイナンス)で購入したIOSTですが、画像を比較してみましょう。

私はイーサリアム(ETH)でトレードし、IOSTを37,209枚獲得しました。購入した金額は日本円に換算すると約15万円でしたが、数日で約10万円の利益が出ました。(※記事を執筆時点では仮想通貨全体が暴落したため利益はもう少し減りましたが、それでもプラスのままでした∑(゚Д゚)

この状況だけで判断するのは危険かと思いますが、IOSTが未来で大きな価値を持つ可能性があるからこそ暴落局面でも耐えられたのではないかとも思えます。

IOSTの運用条件

以下がIOSTのフレキシブルセービングの条件です。

7日間の年率利回りが3.54%ということで、銀行に預けた時の利回りと比較すると圧倒的に高い利回りを発揮します。

※2021年7月1日現在、推定年間利回りは0.33%です。最初の記事執筆時点と比較するとかなり低くなっています。

実際の利益はどれくらいか

初日は利益が出ないので、1日後の結果です。

利息としてIOSTが3.61373808枚もらえました♪( ´▽`)

これを日本円に両替すると約20円の価値になります。

最後に

今回はBINANCE(バイナンス)でIOSTのフレキシブルセービングした結果、1日で20円の利益が得られました。

この状況を「たった20円しかもらえなかった」と考えるか「20円ももらえた」と考えるのかは自分自身ですが、私はもちろん後者の考えです。

なぜなら銀行に同じ額を預けても1年後の利息は20円にも満たないからです。

もちろんIOSTの価値は増減がありますし、価値が0円になってしまうかもしれません。

しかし私は「やるリスク」より「何もやらないリスクの方」が嫌なのです。

もちろん投資は「余剰資金」かつ「各個人の判断」で行うのが原則なので、無理はしない方が良いと思います。

次回は一週間後にどれだけの利益が出たのかを記事にしてお伝えしたいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です