陸マイラーとは?飛行機に乗らずに大量のマイル(ANA・JAL)を貯める方法。

あなたは「陸マイラー(おかまいらー、りくまいらー)」という言葉を聞いたことがありますか?

飛行機のマイル(マイレージ)は通常であれば飛行機に搭乗することによって貯めることができます。

しかし世の中には飛行機に乗らず、日常生活の中でマイルを貯める方法があります。しかも飛行機に乗って貯まるマイルよりもはるかに効率よく大量のマイルを貯めることができるのです。

このように飛行機に乗らずに「」で航空会社のマイルを貯める人たちを「陸マイラー」と呼んでいます。

さて、本題に入る前に簡単な自己紹介です。

あんこ
あんこ

・現在、約1年間の育休中の陸マイラー

・陸マイラー歴は約4年

・貯めたマイルでビジネスクラスの新婚旅行へ

・年間平均で20万マイル以上獲得

・株やFX、仮想通貨、不動産に投資中

年間平均で20万マイルを貯めることは1年目の初心者でも貯められるレベルなので、私はまだまだ初心者のようなものです。貯めようと思えばもっと貯められるのですが、今は年間20万マイルあればいいと思っています。

例として私が持っているANAマイルを公開しますが、40万マイルを超えているのが分かると思います。ANAマイルは獲得してから3年で失効してしまうので、使いきれない分まで貯めても意味がないからです。

いくらポイントを貯めても使わなかったら意味がない」という言葉を過去に聞いたことがあるので、私はマイルも同じく使える程度に貯めるのが良いと思っています。ですから使うタイミングがあればその時にマイルを追加できる状態をキープするくらいがちょうどよいのではないでしょうか。

この記事では陸マイラーの魅力、そして具体的にマイルをどうやって貯めるのかをお伝えしていきます。

目次
  • 飛行機に乗って貯まるマイル数
  • 陸マイラーなら年間20万マイルを貯めることが可能
  • 陸マイラーになってから
  • 陸マイラーは誰でもなれる!
  • マイルを貯めるため必要なことは一つだけ!
  • 陸マイラーとして成功するために伝えたい3つのこと
  • 最後に

飛行機に乗って貯まるマイル数

まずは飛行機に乗ってマイルを貯めようと思うとどれだけ大変かを知ってもらいましょう。

そもそもマイル(マイレージ)とは本来であれば飛行機に乗った距離に応じて獲得できるフライトマイルのことを指します。

ただし...
実際は搭乗したクラスによってマイルの積算率が変わってくるので、獲得できるマイルは単純にフライトの距離だけで決まりません。

ここで一つシミュレーションをしてみましょう(‘ω’)ノ

目標:フライトマイルだけでANAのマイルを貯め、レギュラーシーズンのハワイに特典航空券で旅行に行く

仮にあなたが出張で飛行機を使えると考え、東京から福岡へ行くとします。東京から福岡へは片道567マイルなので、積算率が75%の航空券を利用すると、425マイルを獲得することができます。ですから往復で850マイル獲得できますね。

しかし、日本発着ハワイ往復1名分の必要マイル数は、エコノミークラスで40,000マイルです。

40,000マイル ÷ 850マイル = 47.05・・・

つまり特典航空券でハワイ旅行に行くためには東京ー福岡間を48往復しなければなりません。

獲得してから3年間でマイルは失効すると考えれば、1年間で16往復です。

もちろん目的地や搭乗クラスによって獲得マイル数は変わるのですが、飛行機にに乗って貯まるのはせいぜい数百~数千マイル。全国各地、世界各国を飛び回っている人たちしかフライトマイルを大量に貯めることはできないのが現実です。

クレジットカードの決済で貯まるマイル数

続いては提携カードの利用金額に応じて貯まるショッピングマイルについて考えていきます。

ANAカードやJALカードを利用すると、「100円=1マイル」や「200円=1マイル」が獲得できます。還元率はカードの種類によって変わります。

もし「100円=1マイル」のショッピングマイルだけで、ハワイ往復に必要な40,000マイルを貯めようと思うと、クレジットカードで400万円の利用が必要です。

獲得してから3年間でマイルは失効すると考えれば、1年間で133万円以上の利用が必要になります。

133万円なら生活に関わるお金をすべて集約すれば現実的に決済できる金額ですね。ただし、マイルへの還元率が高いクレジットカードを持っている前提なので、もし持ってなければ新たに作る必要があります。

陸マイラーなら年間20万マイルを貯めることが可能

一方で、陸マイラーになってマイルを貯めると、記事の冒頭でお伝えした通り、年間20万マイルは貯められます。

もちろん人によって貯めるペースは違いますが、20万マイルという数字はマイルを貯め始めた初心者が1年間で貯められる数字と陸マイラー界隈では言われています。現に私はマイペースに取り組んで年間20万マイルを貯めていますので、あながちこの数字は間違っていないでしょう。

20万マイル貯めると、レギュラーシーズンのハワイをエコノミークラスで5往復できます。むしろビジネスクラスやファーストクラスにもタダで乗れてしまうので、初めて聞くと怪しさしかない夢物語に思えますよね。

陸マイラーになってから

陸マイラーになった当初は、「タダで海外旅行に行けるなんて夢のような話だ」くらいにしか思っていなかったので、マイルを貯めることにそこまで力を入れていませんでした。しかし・・

  • 1年半後にはビジネスクラスでベトナムとカンボジアを一人旅
  • 2年半後にはビジネスクラスでオーストラリアへ新婚旅行
  • 貯めたマイルをANA SKYコインに交換してSFC修行
タイ国際航空ビジネスクラス搭乗記。貯めたマイルで一人旅。 陸マイラーの新婚旅行inオーストラリア。日程と費用を公開。 SFC修行 育休パパのSFC修行2020!育休中にANA上級会員になろう。

他にもビジネスクラスで北欧3カ国周遊を予定していましたが、国際情勢が厳しく中止になったり・・というものもあります。

そもそも陸マイラーになるまでは国内旅行が中心で、海外旅行は20代のころに1度しか行ったことがなかったのに、有償航空券を利用してタイ、フィリピン、台湾、中国、イタリア、スペイン、コロンビア・・・というように、海外に積極的に出ていく自分に変わりました

まだまだ海外旅行の経験は浅いですが、安い航空券やホテルの情報を調べることが趣味になり、大げさではなく人生が変わったと思っています。

陸マイラーは誰でもなれる!

「私でもなれました!だから大丈夫です!」では説得力がゼロですね。もし半信半疑であれば、「陸マイラー」という単語でググってみてください。私より大量にマイルを貯めている諸先輩方のブログ記事がいくつもでてきます。現在、陸マイラーとしてマイルを貯めている人はたくさんいます

なぜなら、肝心のマイルを貯める方法がとても簡単で、再現性が高いからです。社会人であっても、学生であっても、主婦であっても、誰がやっても同じようにマイルを貯めることができます。

私自身が半信半疑で始めた陸マイラー活動は、実際に結果が出るまでは半信半疑のままでした。さらに、私自身が特典航空券でビジネスクラスで旅行していても、妻から見ると「怪しいことをやっている」くらいの認識でした。

しかし、貯めたマイルで新婚旅行に行き、ビジネスクラスで旅行できたという経験をしてから妻の考え方は変わりました。

実際に貯めたマイルで特典航空券を発券してみるところまで続けてみると、もはや疑う余地はありませんよ。

マイルを貯めるために必要なことは一つだけ!

まず、陸マイラーとしてマイルを貯めるためには難しいことをやる必要はありません。ただ一つ・・・

「ポイントサイト」を活用すること

陸マイラーはポイントサイトで貯めたポイントをマイルに移行(交換)することで大量のマイルを貯めているのです。

ポイントサイトとは
掲載されている広告サービスを利用することでポイントを貯めることができるサイト使い方は簡単で、楽天市場やビックカメラなどでの買い物や、旅行サイトでの予約をするとき、直接そのページを利用する前に一度経由して広告をクリックするだけです。

貯めたポイントはマイルに移行するだけでなく、現金化をすることができるので、節約術のひとつとして紹介されてたりします。

ポイントサイトに関してもう少し詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

ポイントサイトとは?育休中にできる副業!ポイ活で年間数十万円のお小遣いを稼ごう

⇒2020年7月28日に放送された「マツコの知らない世界」でもポイントサイトを利用した「ポイ活」について取り上げられてました!

おすすめのポイントサイト

モッピー

大手ポイントサイトであり、マイルへの交換率が高いキャンペーンをおこなっているため、陸マイラー活動するなら必須です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ハピタスは「最低ポイント交換額が1P」なので、初心者の方がすぐにやめたとしても、1Pでも無駄なく交換できるという魅力があります!最初のポイントサイトとしてまずはお試ししてみたいという方にはハピタスがおすすめです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

他にもちょびリッチGetMoney!(げっとま)など、色々なポイントサイトがありますので、まずは登録して陸マイラーへの道を歩み始めましょう!

ポイントサイトは一つだけでなく、いくつか登録する方が良いです。なぜならポイントサイトによって得意な案件が異なってくるので、いくつものポイントサイトを使い分けるとより効率的にポイントを貯めることができます。

ポイントを各サイトに分散することになるので、最初はどれか一つに絞って始めた方がポイントが貯まっている実感が湧きやすく、長く続けやすいという意見もあります。

マイルへ移行するなら登録必須のサイト

ポイントサイトで貯めたポイントはドットマネーgポイントといったサイトを経由してマイルへ移行しますから、必ず登録しなければいけません。

※マイルへの移行に関してはまだ記事を書いていないので、なるべく早めにアップします。

陸マイラーとして成功するために伝えたい3つのこと

目標をもつこと

ポイントサイトを利用してもポイントが加算されるまでに数カ月かかるものもあるので、特に陸マイラー活動を始めたばかりの時はすぐ目に見える成果が出てこない可能性があります。そのためポイントやマイルが貯まる前に辞めてしまう人は珍しくありません。ですからモチベーションを保つために、目標をもった方が絶対良いです!

例として私の友人は、

「帰省のためにかかる費用を節約するために陸マイラーを始めた」

これはすごく良い目標だと思います。

ちなみに私の場合は・・・

年に何回も海外旅行に行っている陸マイラーの友人をうらやましいと思った

真似してみたら同じようになれるのかな

という感じで始めたのでまったく目標と言うには弱いです(/ω\)

しかし今は変わりました。

年に1回は家族と一緒に海外旅行に行く

この目標を達成するくらいのレベルでゆるーくマイルを貯めています。

継続すること

私は基本的にダラダラタイプなのですが、教えてもらったことをとにかく続けてみました。

ただし、最初のうちは全然ポイントが貯まらず、正直「続けるのがしんどい」と思っていました。

継続した結果・・・
  1. 初めてポイントが加算された
  2. ポイントがたくさん貯まってきた
  3. 貯まったポイントをマイルに移行できた
  4. マイルで特典航空券を予約できた
  5. 実際に特典航空券で旅行できた
  6. 一生乗ることがないと思っていたビジネスクラスに搭乗できた
  7. マイルを有効活用してANAプラチナステータスを獲得できた

このように嬉しいこと楽しいことがどんどん積み重なっていきまして、今ではしんどいどころかさらに意欲が出てきました( `ー´)ノ

正しい知識をもって取り組みを続けていけば必ず結果が出るのが「陸マイラー」なので、ぜひ諦めずに続けてください!

勇気をもって大型案件にチャレンジすること

例えば楽天市場やYahoo!ショッピングなどを利用するときにポイントサイトを経由すると、1%のポイントが貯まるとしましょう。そして10,000円の商品を購入すれば100ポイント獲得できますよね。

しかしこれではマイルを使った特典航空券に交換するためには程遠いポイント数です。

しかし「クレジットカードの発行」、「FXの新規口座開設」などの大量ポイントが獲得できる案件であれば、一回で数万ポイントを獲得することができます。

毎月1枚クレジットカードを発行し、たくさんクレジットカードを持っているのは、何も知らない人達から見たら少し奇妙な光景にうつると思います。

しかしクレジットカードの発行のような大型案件で大量にポイントを獲得していけば半年以内にビジネスクラスの特典航空券くらいは充分に可能なので、継続が苦手な人ほど取り組んでもらいたいと思っています。

もちろん小さなポイントもコツコツ続ければ大きなポイントになっていくので大切にしてくださいね!

最後に

この記事だけでは伝えきれていないことがたくさんありますが、私は陸マイラーという存在を知ったおかげで人生が変わったと言っても過言ではありません。

ビジネスクラスで海外旅行に行くことは一生ないと思っている人は世の中にたくさんいると思います。しかし実際に陸マイラーになってみると、こんな簡単にビジネスクラスに乗れることに驚きます。

あなたも陸マイラー初めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です