仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で春のステーキングキャンペーン実施中。ロックステーキングで不労所得を獲得しよう!

現在世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つである「BINANCE(バイナンス)」で「春のステーキングキャンペーン」が行われています!

私はバイナンスで様々な通貨をステーキングしていますが、たまに行われるキャンペーンではかなりの大盤振る舞いをしています。特にステーキング初心者の方におすすめしたいキャンペーンです。今回はステーキングはとても簡単に不労所得が得られることを紹介しようと思います。

自己紹介が遅れましたがこの記事を書いている人はこんな人です。

あんこ
あんこ

・1歳の娘をもつパパ

・1年2ヶ月の育休を終え、時短勤務中

・陸マイラーとして年間約20万マイル以上獲得

・株やFX、仮想通貨、不動産に投資中

陸マイラーとは?飛行機に乗らずに大量のマイル(ANA・JAL)を貯める方法。
目次
  • 「春のステーキングキャンペーン」の概要
  • ロックステーキングとは
  • 実際の利益はどれくらいか
  • 今回のキャンペーンに参加するためには
  • 最後に

「春のステーキングキャンペーン」の概要

  • 開始時期は2021年4月6日から
  • 年間利回りは最大37.79%
  • ステーキングの種類はロックステーキング
  • ステーキング期間は15日間
  • ステーキングできる仮想通貨ADA、ALGO、ATOM、DOT、EOS、KSM
  • 参加条件は先着順
  • 利息計算時間はロックステーキングが確認された翌日から、対象期間終了まで
  • 利息の支払いは毎日行われる

すでに始まっているキャンペーンではありますが、今からでも遅くはありません。投資は自己責任ではあるものの、年間利回りが37.79%もある金融商品は他に類を見ない水準ですから、絶対に参加した方が良いと私は思っています。

ただし以下の表を見ていただくと分かりますが、「最大37.79%」に該当するのはDOTだけです。もちろんDOT以外のものも年間利回りはかなりの高水準ではあります。

また、ロックステーキングができる枚数に上限があるため、果てしなく資産が増えるというわけではないのでご注意ください。

ロックステーキングとは

まずはロックステーキングの仕組みですが、「銀行の定期預金と一緒」と考えると簡単です。

銀行は皆さんから預かったお金を貸し出して、その金利で利益を出しています。当然、皆さんから預かっているお金で運用しているので、「利息」という形で皆さんに還元しています。

ロックステーキングも銀行と同じように、BINANCE(バイナンス)が皆さんから預かった仮想通貨を運用し、皆さんに利息を還元するという仕組みです。

銀行と唯一違うのは「円と違って仮想通貨の価値は上下が激しいため、預けている資産が増えたり減ったりする可能性のどちらもあるというリスク」だけです。

もちろん一定期間預けてしまうので、該当の仮想通貨が暴落した時に「資金を引き出せないまま資金が無くなってしまう」可能性も0ではありません。定期預金も同じですが、リスクを背負っているからこそ利息が高くなっています。

逆に資産をいつでも引き出すことができる「フレキシブルセービング」という仕組みもあります。フレキシブルとは「資産をいつでも引き出せる」という意味なので、銀行の普通預金というイメージを持ってもらうと分かりやすいでしょうか。いつでも引き出せるため利息は低めです。
フレキシブルセービングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でIOSTの運用を始めました。

今回のキャンペーンでは15日間のロックステーキングなので、短期間しか預けません。なので、どちらかというと初心者の方がステーキングに挑戦しやすい期間と見ても良いかもしれません。

実際の利益はどれくらいか

年間利回りが一番高いDOTで考えていきます。

実際にやってみるととても簡単なのですが、自分がどれだけロックステーキングをしたらどれだけの利益が出るのかは最初に出ています。あくまで自己判断なので、もし満足いくような利益が出ないと思ったらやらなくてよいとも思います。

上記はバイナンスのアプリの画面ですが、このようにいつからロックステーキングを開始して、最終的にはどれくらいの利息(推定)がもらえるのかも分かるため、私は最初からあまり不安を抱くことがありませんでした。毎日利息が口座に入ってきますから見ていて楽しかったです。

さて、15日間の推定年率利回りが37.79%ということで、銀行に預けた時の利回りと比較すると圧倒的に高い利回りを発揮します。記事を書いている時点では1DOT=約41ドルなので、15日後には約6.3ドル=約700円もの利息が支払われることになります。

他にも様々なステーキングを行なっているため、興味があればご覧ください。

フレキシブルセービングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でIOSTの運用結果その1 ロックステーキングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でIOSTの運用結果その1

おまけ

ADAのロックステーキングで得た利息が少しだけあったので、今回のキャンペーンに突っ込んでみました。ADAは年間利回り21.79%です。

約6ADAを21.79%の利回りで15日間預けると・・

約0.054ADAを獲得するという結果になりました。

チリも積もれば山となるです(笑)

今回のキャンペーンに参加するためには

基本的には以下の流れです。

  1. BINANCE(バイナンス)に登録する
  2. Coincheck(コインチェック)に登録する
  3. Coincheckに日本円を入金し、仮想通貨を購入する
  4. Coincheckで購入した仮想通貨をBINANCEへ送金する
  5. BINANCEでロックステーキングの手続きをする

※上記以外にも方法はありますが、今回は一番簡単な流れをお伝えしています。

BINANCE(バイナンス)は冒頭でお伝えした通り、世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つです。

ただし・・

BINANCEのデメリット
日本円で入金できない」ため、日本の取引所や販売所でビットコインやイーサリアムを購入して、BINANCEに送金してからトレードをする必要があります。

海外の取引所でトレードするのは少し難易度が高いと思う人にとってはこの時点で心が折れます。だからこそ余計なトレードを避けるために日本の取引所や販売所で購入するのが良いかと思います。

というわけでまずは「BINANCE」と「コインチェック」に登録しましょう( ̄▽ ̄)

ユーザー数/月間取引高で世界有数の規模を誇っており、取り扱っている通貨の豊富さに定評があります。もちろん口座開設の容易さ、取引手数料の安さも魅力的です。
コインチェック
私が一番値上がりを期待してステーキングしているIOSTは日本ではCoincheckでしか扱われていません。まずは取り扱いコイン数が豊富なCoincheckで仮想通貨デビューをするのがオススメです。

最後に

今回はBINANCE(バイナンス)の春のステーキングキャンペーンがどれだけ凄いのかをお伝えしました。DOTのロックステーキングを15日間すると、約700円の利益が得られること分かりがました。

少し怖いと思う人もいるでしょうけれど、何もしなくてもお金がもらえるならやらないよりはやった方が良いのではないかと私は考えます。

なぜなら銀行に同じ額を預けても1年後の利息は700円に届くことはないですから。

もちろん仮想通貨の価値は増減がありますし、価値が0円になってしまうかもしれません。

しかし私は「やるリスク」より「何もやらないリスクの方」が嫌なのです。

もちろん投資は「余剰資金」かつ「各個人の判断」で行うのが原則なので、無理はしない方が良いと思います。

しかし、普段からトレードして資産の増減をねらうならともかく、数年後の値上がりを期待して「ガチホ」しているだけならロックステーキングをした方が100倍良いと個人的には思っています。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です