不労所得を得るためにパンケーキを焼きはじめました。バイナンスで仮想通貨CAKEのステーキングその①。

2021年4月、ビットコインが700万円を突破したあと、5月に320万円まで下降し、8月には再び上昇の兆しが見えてきましたね。4月にビットコインの価格が上がったのは仮想通貨全体の取引量が増えており、その大きな要因の1つとしてDEX(分散型取引所)の普及があるとも言われています。

そんなDEX関連のトークンとして有名なものの一つに「CAKE」があります。CAKEはPancakeSwapのガバナンストークンとして取引されている仮想通貨です。

下落直面ではステーキングをしながら過ごしていきましたが、今回はさらなる不労所得の増加を狙って、世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つである「BINANCE(バイナンス)」でCAKEのステーキングを始めました。

今回はCAKEのステーキングを90日間行ってみて、何枚のパンケーキが焼けた(利益が出た)のかをお伝えしていきます。

自己紹介が遅れましたがこの記事を書いている人はこんな人です。

あんこ
あんこ

・1歳の娘をもつパパ

・1年2ヶ月の育休を終え、時短勤務中

・陸マイラーとして年間約20万マイル以上獲得

・株やFX、仮想通貨、不動産に投資中

陸マイラーとは?飛行機に乗らずに大量のマイル(ANA・JAL)を貯める方法。
目次
  • ステーキングとは
  • CAKEの運用条件
  • 90日後にパンケーキは何枚焼けたのか
  • CAKEのステーキングを始めるためには
  • 最後に

ステーキングとは

まずはステーキングの仕組みですが、「銀行の定期預金と一緒」と考えると簡単です。

銀行は皆さんから預かったお金を貸し出して、その金利で利益を出しています。当然、皆さんから預かっているお金で運用しているので、「利息」という形で皆さんに還元しています。

ステーキングは銀行と同じように、BINANCE(バイナンス)が皆さんから預かった仮想通貨を運用し、皆さんに利息を還元するという仕組みです。

銀行と唯一違うのは「円と違って仮想通貨の価値は上下が激しいため、預けている資産が増えたり減ったりする可能性のどちらもあるというリスク」だけです。

もちろん一定期間預けてしまうので、仮想通貨が暴落した時に「資金を引き出せないまま資金が無くなってしまう」可能性も0ではありません。定期預金も同じですが、リスクを背負っているからこそ利息が高くなっています。

逆に資産をいつでも引き出すことができる「フレキシブルセービング」という仕組みもあります。フレキシブルとは「資産をいつでも引き出せる」という意味なので、銀行の普通預金というイメージを持ってもらうと分かりやすいでしょうか。いつでも引き出せるため利息は低めです。
フレキシブルセービングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でIOSTの運用を始めました。

CAKEの運用条件

ステーキングを始める段階でのCAKEの価格は1枚約40.6ドルでした。これがどれくらい増えていくのか見ていきたいと思います。

というわけでCAKEステーキングの運用条件ですが、推定年率利回りが28.92%です。今回はもっとも長期間である90日の枠が空いていたため、この条件で運用していきます。これは銀行に預けた時の利回りと比較すると圧倒的に高いですね。

推年率利回り(APY)は変動する可能性があります

このまま順調にステーキングが進んでいくと、90日後に約0.5枚のパンケーキが焼けるということになります。ステーキング開始時の価格で進めば0.5CAKEは20.3ドルになりそうです。

90日後にパンケーキは何枚焼けたのか

90日間でやることは特にありません。ただただパンケーキが焼けるのを眺めていたら、結果は次のようになりました。

推定年間利回りがステーキング開始時の28.92%から42.52%に増えています∑(゚Д゚)

よって累積利子も予定より約0.15枚増えた0.65361765枚になりました。

ただし、CAKE自体の価格が下がったため、今回の利子は20.3ドルから約10ドルとなったので少し残念です。

とはいえ、90日間の利子を計算すると約9.3%(利子÷元の枚数×100)の利益が出たと考えれば十分な結果と言えます。なぜなら現在利益確定するわけではなく、将来の値上がりを期待しているからです。

もちろん値上がりしなかったとしても、数年経ったら利益が100%を超えるのでそれまで待てば良いし、価値が0になったとしてもあくまで余剰資金での投資だからそれでもいいのです。

というわけで、今回は7枚のパンケーキは90日後に7.65361765枚になって返ってきました。

CAKEのステーキングを始めるためには

基本的には以下の流れです。

  1. BINANCE(バイナンス)に登録する
  2. 日本の取引所や販売所に登録する
  3. 日本円を入金し、ビットコインやイーサリアムを購入する
  4. 購入したビットコインやイーサリアムをBINANCEへ送金する
  5. BINANCEでCAKEの取引を行う
  6. BINANCEでステーキングの手続きをする

※上記以外にも方法はありますが、今回は一番簡単な流れをお伝えしています。

BINANCE(バイナンス)は冒頭でお伝えした通り、世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つです。

ただし・・

BINANCEのデメリット
日本円で入金できない」ため、日本の取引所や販売所でビットコインやイーサリアムを購入して、BINANCEに送金してからトレードをする必要があります。

海外の取引所でトレードするのは少し難易度が高いと思う人にとってはこの時点で心が折れます。なので、まずは日本の取引所で仮想通貨を購入するところからはじめてみましょう。さまざまな会社がありますが、Coincheckは初心者には使いやすいのでオススメです。

Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 取扱通過が14種類で国内最多である
  • スマホアプリが使いやすい
  • 買い、売りともに取引所手数料0%である

というわけでまずは「BINANCE」と「コインチェック」に登録しましょう( ̄▽ ̄)

ユーザー数/月間取引高で世界有数の規模を誇っており、取り扱っている通貨の豊富さに定評があります。もちろん口座開設の容易さ、取引手数料の安さも魅力的です。
コインチェック
まずは取り扱いコイン数が豊富なCoincheckで仮想通貨デビューをしてみましょう。

最後に

今回はBINANCE(バイナンス)でCAKEのステーキングについてお伝えしました。

私自身、CAKEはまだまだ価格が低いので、将来上がってくれればラッキーくらいにしか思っていません。とはいえ何もしなくてもお金が増えるのならば、やらないよりはやった方がマシと私は考えています。

とにかく、少しでも不労所得が増えるように色々なことに手を出しながら日々勉強です。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です