ステーキングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でBNBを運用した結果その①

仮想通貨で資産を増やす方法として「トレード」や「マイニング」などは聞いたことがある人が多いと思いますが、他にも様々な方法があります。もちろんどの方法であっても投資なので少なからずリスクは発生しますが、私自身も色々な方法を並行して取り組みながら、少しでも資産を増やせる方法を探っています。

仮想通貨マイニングで簡単に不労所得を獲得!イーサリアム(ETH)マイニングデビュー。

今回は様々な方法の中のひとつである、仮想通貨を「貸し出す」という方法で資産を増やす方法をお伝えしたいと思います。具体的には「ステーキング」と言いますが、世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つである「BINANCE(バイナンス)」でBNBのステーキングを始めてみました。

今回は「BNBのステーキングを60日間行ってみてでどれくらいの利益が出たのか」をお伝えしていきます。

ステーキングとは何だろう?」「BNBの特徴は?」そんな人は過去の記事をご覧ください。

ロックステーキングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でBNBの運用を始めました。

自己紹介が遅れましたがこの記事を書いている人はこんな人です。

あんこ
あんこ

・1歳の娘をもつパパ

・1年2ヶ月の育休を終え、時短勤務中

・陸マイラーとして年間約20万マイル以上獲得

・株やFX、仮想通貨、不動産に投資中

陸マイラーとは?飛行機に乗らずに大量のマイル(ANA・JAL)を貯める方法。
目次
  • BINANCE(バイナンス)とは
  • BNBの運用条件
  • 実際の利益はどれくらいか
  • BNBのロックステーキングを始めるためには
  • 最後に

BINANCE(バイナンス)とは

BINANCE(バイナンス)は冒頭でお伝えした通り、世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つです。

ユーザー数/月間取引高で世界有数の規模を誇っており、取り扱っている通貨の豊富さに定評があります。もちろん口座開設の容易さ、取引手数料の安さも魅力的です。

もちろん日本にも「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「Coincheck(コインチェック)」、「Zaif Exchange(ザイフエクスチェンジ)」など様々なところで仮想通貨を手に入れることができますから、海外の仮想通貨取引所であるBINANCE(バイナンス)は敷居の高さを感じるかもしれませんね。

BINANCE(バイナンス)のデメリット
日本円で入金できない」ため、日本の取引所や販売所でBitcoinやイーサリアムを購入して、BINANCE(バイナンス)に送金しなければ取引を行えません。

BINANCE(バイナンス)」で取引するためには日本の仮想通貨取引所を開設しなければいけないので、取り扱いコイン数が豊富な「Coincheck」や、使いやすさが抜群の「bitFlyer」もあわせて口座開設しましょう

コインチェック

BNBの運用条件

今回のBNBのステーキングの条件は以下の通り、60日の枠に8BNBをロックします。

60日間の年率利回りが14.61%ということで、銀行に預けた時の利回りやフレキシブルセービングの利回りと比較すると圧倒的に高い利回りを発揮します。

ステーキングでは1日ごとに利息がつきますが、60日後には0.1921960BNBが利息として手に入ると推定されています。ちなみに確定利息でない理由の一つとして、ロックステーキングの途中で年利回りが変更される場合があるからです。ひとまず利息がついた状態でウォレットに戻ってくるのは7月22日になるようなので、気長に待つしかありません。

ちなみに今回は60日のステーキングをしましたが、他にも30日と90日のステーキング枠があります。もし売り切れていなければ90日の方が条件はさらに良いです。その代わり引き出せない期間も長くなりますから、その点はリスクですが。

私はBNBの他にもIOSTとADAのステーキングをおこなっていますが、BNBの条件はとても良いです( ̄▽ ̄)

ロックステーキングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でIOSTの運用を始めました。 ロックステーキングで不労所得を獲得!仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)でADA(カルダノ)の運用を始めました。

実際の利益はどれくらいか

60日後の結果は以下の通りです。

60日で獲得できた利息は0.13130104BNBでした。

これはステーキングの途中で利回りが14.61%→9.21%へ下がったため、予定通りの利息を得ることができなかったということです。

今回得られた利息を日本円に換算して両替すると60日間で約3,600円の価値(1BNB=28,000円換算)になります。1日に換算すると60円です。

しかし金額を見るのではなく、60日間で約1.64%(利子÷元の枚数×100)の利子を得られたと考えれば十分な結果と言えます。なぜなら現在利益確定するわけではなく、将来の値上がりを期待しているからです。

もちろん値上がりしなかったとしても、10数年経ったら利益が100%を超えるのでそれまで待てば良いし、価値が0になったとしてもあくまで余剰資金での投資だからそれでもいいのです。あくまで利回りが変わらなければの話ですけどね。

BNBのロックステーキングを始めるためには

基本的には以下の流れです。

  1. BINANCE(バイナンス)に登録する
  2. Coincheck(コインチェック)に登録する
  3. Coincheckに日本円を入金し、ビットコインを購入する
  4. Coincheckで購入したビットコインをBINANCEへ送金する
  5. BINANCEでビットコインとBNBのトレードをする
  6. BINANCEでロックステーキングの手続きをする

※上記以外にも方法はありますが、今回は一番簡単な流れをお伝えしています。

BINANCE(バイナンス)は冒頭でお伝えした通り、世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つです。

ただし・・

BINANCEのデメリット
日本円で入金できない」ため、日本の取引所や販売所でビットコインやイーサリアムを購入して、BINANCEに送金してからトレードをする必要があります。

海外の取引所でトレードするのは少し難易度が高いと思う人にとってはこの時点で心が折れるかもしれません。とはいえ、取引する時に見るのは数字なのでそんなに難しく考えなくても良いでしょう。やってみるとトレード自体は簡単ですよ。

というわけでまずは「BINANCE」と「コインチェック」に登録しましょう( ̄▽ ̄)

ユーザー数/月間取引高で世界有数の規模を誇っており、取り扱っている通貨の豊富さに定評があります。もちろん口座開設の容易さ、取引手数料の安さも魅力的です。
コインチェック

最後に

今回はBINANCE(バイナンス)で60日間BNBのステーキングをすると、1日で約60円の利益が得られました。

このように記事ではステーキングにおける利益に着目しましたが、ステーキングの醍醐味は毎日利益を得ることよりも、継続することによって得られる複利効果にあります。

今回は8BNBをステーキングしましたが、次は今回の利息を加えた8.13130104BNBをステーキングすることによってより利益を増やすことができるのです。(今回の記事は「運用結果その①」としていますが、記事にできなかっただけで実は継続してステーキングをしています。)

投資は短期間で利益が出れば一番良いですが、長期的におこなうことが大切です。もちろん投資は「余剰資金」かつ「各個人の判断」で行うのが原則なので、投資をするなら無理せず取り組んでください。

ちなみに今回のステーキング終了時は1BNB=28,000円でしたが、記事執筆時点では1BNB=約55,000円まで回復しています。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です